決断の瞬間

決断の瞬間にこそ、運命は形づくられる。
  (アンソニー・ロビンズ)

物事の判断は、
それぞれの人がどう思うか、
どう感じるか、という感情で決まります。

うれしい、つらい、かなしい、
楽しい、苦しい、
これらは、人の心の表情、気の持ちようです。

英語を翻訳しただけで
「決断する」という表現を多用する人がいます。

この決断とはどういう意味でしょうか。

decide 決心する、と訳される言葉は、
語源のラテン語では、「完全に切り離す」の意味だそうです。

人生の岐路では大きな決断をします。
今思えば、決断って、断を決めることですね。

人は欲張りだからやるべきこと、やりたいことはある。
でも全てはできないから、
やらないことを決めて、やることに集中する。

決断が足りないときは、さらに、絞り込みの決断をする。

「あれもしたい、これもしたい」
と頑張る、欲張るのでなく、

捨てるもの、やらないことを決めて、
実行する(やることをやり、やらないことはやらない)。

大抵の人は一日中なにか仕事をしている。
ただ一つ違うのは、彼らの仕事は非常に多岐にわたり、
私はたった一つの仕事に全てのエネルギーを集中する点だ。(エジソン)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする