スマホアプリでツキを呼ぶ

これまでに私自身が取り組んだアプリ開発の手法は、
iPhone をターゲットにしたサイト作成ツールでした。

2種類を試しましたが、これでアプリかなとためらいがあり、
Appleの開発者として登録するまではいかず、
Windowsの環境だけで、サイトを作成するものでした。

また、英語の環境での資料がほとんどで、
技術資料やレポートを読むにも時間がかかるので、
効率的な作業とはいえませんでした。

しかし、アプリと呼べる範囲は広いようです。

日本語の環境で、
Appleの開発環境に入り口を開いてくれる教材

最速スマホアプリ作成プログラム

は、Windows環境でのサイト開発から、Appleの世界へ道を広げてくれます。
マイクロソフト社も、Appleを意識したタブレット端末を発表したので、
この分野も、これから活況を呈するでしょう。楽しみです。

アップルのiPhoneむけのアプリは、
Macの環境が必要ですが、
アンドロイド向けのアプリなら、
Windowsのパソコンでも、Javaの開発環境を整えればいいので、
Macは不要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする